足がむずむずしてストレス!産後授乳中のむずむず脚症候群を改善

産後授乳中に足がむずむずするむずむず脚症候群の原因と改善方法を提案しています。

産後授乳中のむずむず脚症候群はなぜおきる?

f:id:sangojunyu-muzumuzu:20170330013753j:plain

足がむずむずして辛い、じっとしていられない、辛くて夜も眠れない!

そんなあなたは、むずむず脚症候群かもしれません。

 

特に産後授乳中の女性がなりやすく、ただでさえ寝不足になりがちな授乳期に、より寝不足になってしまい、体調を崩してしまう女性が多くいます。

 

むずむず脚症候群の原因とは

むずむず脚症候群は、主に鉄分不足によるドーパミンの機能低下が原因とされています。

鉄分が不足して神経伝達物質であるドーパミンが分泌されなくなると、脚の感覚がおかしくなり、むずむず感がでてくるのです。

 

産後授乳中になりやすいのは、授乳で赤ちゃんに鉄分がとられてしまうからなんです。

 

むずむず脚症候群の特徴

むずむず脚症候群は、じっとしている状態のときに症状がでやすいです。

授乳中にむずむずしてきたり、夜寝るときにむずむずしてくるときありませんか?

それはまさに、むずむず脚症候群の症状なんです。

 

また、夕方から夜間の間に症状が起こりやすく、このむずむず感によって睡眠障害になってしまうこともあります。

 

睡眠不足になるとストレスがたまり、ますます症状を悪化させて悪循環していきます。

最悪、うつ病になってしまい、自殺をしてしまう人もいるほど恐ろしい病気なのです。

 

ですので、早めに症状改善をする必要があります。

 

産後授乳中のむずむず脚症候群の改善方法

授乳中ですから、できれば薬に頼りたくないですよね。

この点は、授乳中に病気をしてしまうことの辛いところだと思います。

 

だからまずは、食生活の改善から始めてみてください。

 

むずむず脚症候群を改善するために一番必要な栄養素は、なんといっても鉄分です。

鉄分が多い食材で代表的なのがレバーですよね。

 

とはいっても、レバーを毎日食べることは難しいと思うので、他の鉄分が含まれてた食材をバランスよく食べるとよいです。

ほうれん草、ひじき、カツオ、あさり、大豆といったものに、鉄分が多く含まれています。

 

ただ、鉄分には体に吸収されやすい鉄分と、吸収されにくい鉄分があるというのを、ご存知でしょうか?

 

吸収されやすい鉄分は、肉や魚などの動物性食品に含まれているヘム鉄と言われる鉄分です。

逆に吸収されにくいのが、野菜や果物などの植物性食品からとれる非ヘム鉄と言われている鉄分です。

 

動物性のヘム鉄は、植物性の非ヘム鉄に比べて5~6倍吸収率が高いので、できればヘム鉄が多く含まれている肉や魚を多くとるのが理想的です。

しかし、産後授乳中の場合だと、あまり脂分が多い食材は、乳腺炎の原因にもなりますので、気をつけたいところです。

 

そこはうまくバランスをとって、鉄分を摂っていくとよいでしょう。

 

産後授乳中の食事コントロールが難しいという人は

産後授乳中のむずむずを、食事で改善していくのが難しいという人は、サプリメントをうまく活用するとよいです。

脂分をあまりとりたくないけど鉄分はとりたい授乳中だから薬は飲みたくないという人に最適です。

 

女性のむずむずを改善するために作られた「ムズムズシラズ」は、体に吸収されやすいヘム鉄を豊富に配合したサプリメントです。

ムズムズシラズを飲むことで、動物性の脂を食べなくても、ヘム鉄を簡単に摂ることができます。

 

また、産後のホルモンバランスを整える作用がある葉酸や、産後の不眠、うつに効果的なチロシンといった成分も配合いることから、産後授乳中の女性に最適なサプリメントなんです。

 

ムズムズシラズは、余計な添加物が入っていないので、授乳中の女性でも安心して飲むことができるのも、おすすめな点です。

 

産後授乳期のむずむずが辛くてしょうがないという人は、日頃の食事コントロールをしつつ、こういったサプリメントを活用すると効果的です。

ムズムズシラズについて詳しく知りたい方は、こちらのホームページをご覧ください。

「イライラするむずむず」を集中ケア!【ムズムズシラズ】