読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足がむずむずしてストレス!産後授乳中のむずむず脚症候群を改善

産後授乳中に足がむずむずするむずむず脚症候群の原因と改善方法を提案しています。

産後授乳中のむずむず脚症候群はなぜおきる?

f:id:sangojunyu-muzumuzu:20170330013753j:plain

むずむず脚症候群って辛いですよね。

酷い症状の人だと常に足を動かしていないといられない状態で、夜も眠れないくらいだとか。

 

特に産後授乳中の女性がなりやすく、ただでさえ寝不足になりがちな授乳期間でこの仕打は、ほとんど拷問状態と言ってもよいでしょう。

 

むずむず脚症候群は、主に鉄分不足によるドーパミンの機能低下が原因とされています。

産後授乳中になりやすいのは、ママが蓄えている栄養が、授乳で赤ちゃんにとられてしまうからなんですね。

 

むずむず脚症候群の特徴

むずむず脚症候群は、じっとしている状態のときに症状がでやすいです。

産後授乳中のママは、赤ちゃんに母乳をあげなくてはいけないので、そのときにむずむず脚症候群がでてきてしまう人が多いのです。

 

このむずむず脚症候群によって睡眠障害になり、ストレスがたまり、暴飲暴食を繰り返すようになって、どんどん悪循環していきます。

最悪、うつ病になってしまい、自殺をしてしまう人もいるほど恐ろしい病気なのです。

 

ですので、早めに手を打つ必要があります。

 

産後授乳中のむずむず脚症候群の改善方法

授乳中ですから、病院にいっても薬を処方してもらうことができません。

この点は、授乳中に病気をすることの辛いところですよね。

だからまずは、食生活の改善から始めてみてください。

 

なるべく鉄分が多い食材を意識して食べるようにしましょう。

鉄分が多い食材で代表的なのがレバーですよね。

 

とはいっても、レバーを毎日食べることは難しいので、他の食材もバランスよく食べるようにしてください。

ほうれん草、ひじき、カツオ、あさり、大豆といったものも鉄分が多く含まれている食材です。

 

ただ、鉄分には体に吸収されやすい鉄分と、吸収されにくい鉄分があります。

吸収されやすい鉄分は肉や魚などに含まれているヘム鉄と言われる鉄分です。

逆に吸収されにくいのが、野菜や果物からとれる非ヘム鉄と言われている鉄分です。

 

だから、なるべくヘム鉄が多く含まれている肉や魚を多くとるのが理想的です。

しかし、産後授乳中の場合だと、あまり脂分が多い食材は乳腺炎の原因にもなりかねないです。

そこはうまくバランスをとって、鉄分を摂取するようにしましょう。

 

産後授乳中の食事コントロールが難しい場合の対処法

産後授乳中のむずむず脚症候群を、食事で改善していくのが難しいという人は、サプリメントをうまく活用していくとよいです。

脂分をあまりとりたくないけど鉄分はとりたい、というときに最適です。

 

むずむず脚症候群を改善するために作られたサプリメントムズムズシラズ」は、ヘム鉄である鉄分を効率的に摂取することができます。

また、産後のホルモンバランスを整える作用がある葉酸も含んでいることから、産後授乳中の女性に最適なサプリメントなんです。

 

授乳中のママは、なにかと忙しかったりストレスを感じたりするので、こういったサプリメントを賢く活用していくとよいのではないでしょうか。

ムズムズシラズについて詳しく知りたい方は、こちらのホームページをご覧ください。

「イライラするむずむず」を集中ケア!【ムズムズシラズ】